×

クレジットカードを使って購入した際の返品での現金化のポイントや注意点

クレジットカードを使って購入した際の返品での現金化のポイントや注意点

クレジットカードの返品による現金化とは

基本的には現金では受け取れない

クレジットカードの現金化を考えた時には、商品をカード払いで購入し、返品することで現金で返金してもらうことはできないかと考えるのではないでしょうか。

カード払いをした後でも返品が可能となるケースが一般的であり、返品の受理後に返金処理がされることになります。しかしこの際に気をつけなくてはならないのが、現金で受け取ることはほとんどないという点です。

クレジットカードで支払ったものを返品する際には現金で返金されることは一般的ではなく、基本的にはクレジットカードで返金処理をすふので店舗と購入者の間で現金のやり取りがされることはありません。

その理由の一つとして手数料が関係しています。クレジットカード加盟店は、購入者がカード払いをするごとにカード会社に手数料を支払っており、クレジットカードで返金処理をすることでカード会社から手数料が戻ってくるので、店舗側は手数料を支払う必要も不要になるからです。

返品やキャンセルによりクレジットカード現金化をしようとしても、クレジットカード決済で購入した時の返金はクレジットカードを通して返金されるので難しいということは、頭においておきましょう。

返品で現金を手にする方法とは

現金を受け取れる可能性について

クレジットカードで加入した商品を返品することで、返金はクレジットカード上で処理されることが一般的なので基本的に現金では返金は難しいですが、一部店舗ではクレジットカードで商品を購入しても現金で返金してくれるケースがあります。

それも店舗による違いや何日以内など決まりがある場合が多いので、チェックしておくようにしましょう。電子マネーを利用する方法もあり、電子マネーで購入した商品の返品の際には現金で返金しているお店が多いです。

クレジットカードを使って電子マネーにチャージし商品を購入してから返品することで現金で返金してもらえる可能性が高く現金化につながります。

当然のことですが、利用するお店により現金化できない可能性があることは頭においておき下調べもしっかり行っておくことで、スムーズな現金化につながります。

You May Have Missed