×

先払い買取の仕組みって買取事業者側が一方的に儲かるって本当なの?

先払い買取の仕組みって買取事業者側が一方的に儲かるって本当なの?

先払い買取の仕組みは買取事業者側がキャンセル料で2重に利益を上げようという仕組みがあるのをご存じですか?

先払い買取は違法な買取事業者の手口に似た仕組みを持つ

先払い買取の仕組みは、闇金と呼ばれる仕組みと同じ仕組みを持ちます。

先払い買取り事業者の簡単に手口を説明しますと送品を買取すると見せかけ、商品が手元に存在しないことを理由に売買が不成立という方向で先払い買取事業者は買取事業者を利用した人物に対してペナルティを与えます。

このペナルティが違約金になり、これらは違法な買取事業者と呼ばれる事業者側が商品が手元にないから事業者側が利用者に対し売買が不成立になったということでペナルティを与えるのと似た仕組みを持ちます。

先払い買取は、先払い買取りを行う事業者側が買取額を少なく見積もり、そのうえで、買取した商品が手元に届かないことを理由にキャンセル料という名目で売買が不成立になった事実を悪用し、利用者にさらに売買不成立による違約金というペナルティを与えるものです。

商品を送らないでいいは罠

先払い買取事業者は商品を送らないで良いですというのはペナルティを与えて儲けたいからです。
悪徳な業者の中には、商品を送る期日を明確にしていないところもあり、期限を過ぎて送付するとペナルティを課す業者もいすのも事実。

先払い買取は商品が購入され商品が届いたという事実があると成立しない仕組みを持つ

先払い買取事業者が行う商品の買取りによる現金化は商品が先払い買取事業者に届いたという事実があると売買契約が成立してしまうため、先払い買取事業者のサービスを利用した人物に対して売買をキャンセルすることによるペナルティを与えることができないのです。

ここで注目すべく点は、先払い買取事業者の間で実際に商品をやり取りして売買が成立した場合、事業者側は先払い買取事業者側に対してペナルティを与えることはできません。

ほかにも、商品を現金で買取する事業者側は商品を買取依頼した人物側が買取額に納得いかないという理由で買取をキャンセルした場合、それに応じる必要があるため、多くの先払い買取事業者は手元に商品が存在することを嫌います。

なぜなら、やっぱり先払い買取事業者を利用することを辞めたと言い出すと買取によって支払った現金を回収し商品を持ち主に変換する必要もあるため、手元に商品が存在しないという状況のほうが先払い買取りを専門とする事業者は先払い買取事業者を利用した人物に対して罰則を与えてさらに収入を得ることができるという利点を得られるのです。

You May Have Missed